家を売る人にオススメのコラム

お金が必要だから家を売るという事が購入相手にバレたら大損します

(人気記事)→ 家の最高値も分かる無料査定サービスを使ってみました
家の売却理由を知られるとマズイ

あなたが家を売る時、その売却理由が「お金が必要」それも急ぎで必要だという事が購入希望者や相手方の不動産屋さんにバレるとかなりの確率で大損しますよ。

もし可能なら、売却依頼をする不動産屋さんにさえもバレないのが良いくらいです。

バレれば大幅値引きの交渉材料を相手に与えることになります

購入希望者に「売り急ぎ」がバレてしまうと、大幅な値引きを求められたらりととにかく足元を見た交渉に持ち込まれてしまうからで、結果的に何百万円も安く買われてあなたが大損をすることに繋がります。「早く売れないと困るんなら強気な値引きも通るかも!」と思われるからです。

もし購入希望者さんがそのことに気がつかなかったとしても相手側の不動産屋さんが知ればきっと入れ知恵をされます。

例えば売値が2500万円になってる場合に「1980万円なら買う」などと強気な値引き交渉をしてくる可能性があります。近頃は書店やアマゾンで人気の不動産投資の本などにこうした「指し値」を推奨するものが増えているため、一般の方もこうした大幅な値引きをダメもとで試す人が増えているんです。

失礼とも思えるそんな大幅値引きをしてくる人は本当にいるの?

結論から言いますと必ずいます。先にも触れましたように一般の方が知らなくても入れ知恵をする不動産屋さんがいるからです。

不動産屋さんは売買契約が成立してそこではじめて手数料収入を得ることができるので、どんな失礼な大幅値引きをしてでも成立に持込みたいものなんです。

ちなみに、2500万円の時と1980万円の時では不動産屋さんが手に入れることができる仲介手数料は216,000円も差が開きますが、それでも1980万円の売買が成立すれば654,000円の収入が入るので、0円と約65万円の差が生まれることはあまりにも大きな違いになります。

早く売りたいけど売り急ぎはバレたくない!どうしたらいいの?

見方の不動産屋さん(あなたが依頼する不動産屋のこと)にもできればバレないようにしたいところですが、どうしても早く売らなきゃ行けない時は正直にタイムリミットについて話をしておく必要があります。事情を知っていれば何とかできる可能性もあるからです。

そして、相手の不動産屋さんや購入希望者さんにバレないようにするためにも、不動産屋さんとあなたでしっかりと「これは秘密で!」と話を詰めておく必要があります。

不動産屋さんの営業マンはあなたの物件を上司と部下などで2人で担当することもあるので、その際にしっかりと話が詰められていないと、うっかり部下がお客さんに「早く売りたいと言われてますので、多少の値引きは可能かもしれませんよ」なんてとんでもない事を言ってしまう恐れもあるからです。

例え仲良しのご近所さんでも内緒にするべき

また、家の近所の人にも要注意です。仲良しのご近所さんにも「高値じゃないと売るつもりない」とか「値引きには応じるつもりはない」なんて事を言っておけば、それが功を奏することもあります。

なぜなら、中古の家を購入しようとする人は近所をウロウロして、その辺の人に話かけて売り主の売却事情や懐事情などをリサーチする人もいるからです。

こういったテクニックも近頃は不動産屋さんや売却経験者のブログで紹介されていますし、家を買う人のために書かれた本にものってることがあります。売り主さんからすれば厳しい時代になっています。

もし大幅な値引きを求められたらどうすればいい?

もし仮に2500万円の売り家に1980万円の値引きを求められたら、それは「突っぱねる」のが効果的です!なぜなら、そこで少しでも迷ってしまうと相手に弱みを見せてしまうことに繋がるからです。

下手にここで「1980万円は無理だけど2300万円ならOKですよ」なんて言ってしまうともう目も当てられません・・・。きっと次は向こうが突っぱねてきて、「それなら結構です」と、いつの間にか交渉の主導権が購入希望者になってしまうこともありえます。

売り急ぎたい時ほど強気な姿勢が大切で、しっかりと値引き要求を拒否すれば相手も「それだけの価値がある家か」と妙にしっくりくることも多いんです。

こちらが妥協すれば家の価値も本来はそんなものかと安く見られてしまうので、値引きをしてあげたにも関わらず、途中で相手があなたの家に対して覚めてしまい、話が流れてしまうなんてこともありますよ。

値引き交渉を断り続けて売れなかったらどうする?

もし最終的にどうしても売れなかったら、不動産の買い取り業者に売るという手もあります。

これなら、市場で売る値段よりも安くはなりますが、即効で買い取りをしてくれるのでお金がすぐに手に入るというメリットがあります。買い取り業者以上に早く売れる方法はなく、2週間もあれば現金を手にできることも珍しくはありませんよ。(あくまでこれは最後の手段としてお考えいただいたほうが得策です。)

でも、最悪の場合にはいくらで買い取りしてもらえるか把握はしておきたいですよね!それならネットの見積りサービスを利用して買い取り額がいくらになるか金額をメールでもらっておくと安心です。

家を見せることなく大まかな金額と業者名をメールで教えてくれますから近所の人や家族にさえも内緒で家を処分した時の金額を把握しておくことができますよ。

(人気記事)→ 最高値で売れる業者と価格が分かれば強気で売れます