売却理由別

アパートオーナーをやめて物件を売るにはどうすればいい?

私自身もアパート大家なので複数運営をしています。過去にはアパートを売ってもらったり、売却と同時に新しい物件に買い換えた経験もあります。

また、周囲にはいろんな大家さん仲間もいるので、いろんな売却理由も見てきたので売却することは珍しい話ではありません。

売却は珍しい話ではありませんが、実は売却時に大損させられるという話も珍しくありません!アパートの売却は依頼する不動産屋選びを間違えると「相場価格」よりも簡単に何割も安く売られてしまいやすいからなんです。

じゃあどんな売却依頼先が良いのか?

それはあなたが売ろうとしているアパートの間取りや立地を特異とする業者を選ぶことです。具体的に言うと、間取りや立地や価格など業者によっては高く売りやすい物件が違っているんですが、その得意とする条件がピッタリと合っている業者を選べばいいだけなんです。

「高く売りやすい」という事は、言い換えますと「抱えているお客さん(不動産投資家)」の属性があなたの売ろうとしているアパートと合致するという事になります。

どうやってそんな売却依頼先をみつけたらいいか?

見つけるための方法はとってもシンプルで、複数の不動産屋さんに声をかけてあなたのアパートがいくらの売値がつくかを教えてもらえばいいだけです。

後はそこで教えてもらった売値を見比べて、最も高い売値をつけてくれたところが「売却依頼すべき業者」ということになるんです。

(私がいつも利用してる無料査定です)→ 家の売値も分かる無料査定サービスを使ってみました

 

(関連記事もどうぞ)

家を情報非公開で売りたいならどうしたらいい?

遠くにある家をスムーズに売ってもらうためには

お金が必要だから家を売るという事が購入相手にバレると大損します

家を売るのに失敗しない不動産屋の選び方

「売れない」と言われたアパートを高く売ってもらった私の体験談

私は過去に、いわゆる3点ユニットと呼ばれる風呂とトイレと洗面台がセットになった今時は不人気のアパートを売却してもらった経験があります。その際、地元の不動産屋さんにいくつか声をかけてまわったんですが、どこも「今時3点ユニットじゃ売れない」とまで言われてしまいました。

それが悔しくてさらに10店舗ほどの地元の不動産屋さんをまわってみたんですが、結局どこも「売れない」「厳しい」「希望の売値の半値くらいだと思う」などなど、悲惨な対応をされてしまいました。もう半額くらいで売るしかないのか・・・と腹をくくりかけていました。

そんな時、他県の大家業仲間から「地元ばかり声かけてないで見積りサービスを使って他県にも声をかけてみなよ!」と言われたんです。この時初めて、ネット上の見積りサービスはアパートの大家でも利用できることを知りました。

見積りサービスは個人の家やマンションだけと勘違いしてました

それまで個人の家やマンションしか使えないと思ってたんですが、実は全国の大家仲間の多くが買い替えの際の売却時に利用していることを知りました。

その見積りサービスというものは、ネット上で間取りなどを選択していくだけで大まかな売値を簡単に算出してくれるんです。(結果はメールで届き、営業の電話なんかもありませんでした。)

大まかな売値を出して貰う場合には、実際に現地に来てもらいアパートを見てもらう必要がありませんが、それでもどこが高値をつけてくれるかは分かるので、スムーズに最高値の業者を見つけて依頼することができました。

2200万円が相場の売値と言われた私の中古アパートは2980万円で売れた!

結果的に、私のアパート(1DK×6室)は近所の不動産屋さんでは2200万円だと言われましたが、実際には他県の不動産投資家さんに2980万円で売ることができました。

その方は公務員をされている方で、私の物件が2つ目のアパートだと言っていました。どうやら1つ目のアパートがかなり利回りが高いらしく、さらにそれが3点ユニットのアパートだったため、私の物件には何もマイナスイメージがなかったとか。こんな事がありえるから不動産って面白いんですよね!

特に、マンションと違ってアパートというのは価格が5千万円未満のもが多いため、これから人生初の大家さんを目指してる人達には狙い易く、市場も活気があるんです。あとは、アパートと購入希望者がうまく出会えるか?これにかかってきます。

もし今、自分の足で不動産屋を巡って探すようなアクションをとられていたとしたら、何百万円や場合によっては何千万円も大損させられる恐れがあるのでお気をつけくださいね。