家を売った体験談

お隣さんがうるさくて赤ちゃんが眠れない!悪い人じゃないから余計にたちが悪い

(関連記事)→ 家を情報非公開で売りたい

(人気記事)→ ローン途中で家を売る方法
隣家がうるさくて家を売った

我が家は、夫婦と小学生と幼稚園児そして1歳の子供が居る5人家族なんですが、3人目の子供が産まれる前に憧れの新築の分譲住宅を購入して住宅ローンを組みました。

あの時は一生に一度の買い物だと思ってたから嬉しかったですね♪お隣の家にも子供が居て一人は我が家の小学生の子供の同級生でした。

ある時からピアノ練習をする音が聞こえてくるようになりました

その隣の家はかなり騒音を出すお宅で、昼間はご両親働かれているのですが夜になるとこちらの寝ている時間でもお構いなしに大音量の音楽がガンガン流れてきます。

お隣には中学生のお子さんもいて恐らくその子供が出している音だと思います。夕方には小学生の子供のピアノの音が始まりかなりの長時間引き続ける上に窓が開いている時もあって大変な騒音でした。

ふざけんな!と言いたい気持ちを抑えて我慢をする日々でした

お隣の子供と我が家の子供は同級生ですしお隣同士もめたくない気持ちもあり我慢していました。

幸い、我が家の小学生と幼稚園の子供は夜に騒音が発生しても一度寝ていれば起きることも無かったので親の方が耳栓などして我慢している状態でした。

我が家の夫も、あまり音には敏感でなく一度寝たらあまり気にならないタイプなのですが流石に夜中の3時くらいにドンドンというものをたたく音が聞こえた時はビックリして起きていました。

朝晩の車の出し入れ時も容赦無い音が

それから地味にとてもうるさかったのが朝晩の車の出し入れの時に家の門をガシャンッとでかい音で開け閉めする事と(鉄製の門なのでとても響きます、しかも朝6時台)車のドアをこれでもかっという程強く締めるのです。

兎に角お隣さんは悪い人ではないのでしょうが、音に鈍感な一家なのだと思いました、そのため子供たちが出す騒音などに関してもあまり怒ったりしないのでしょう。

妊娠中だったので生まれてくる子供のことで不安になってきました

私は当時妊娠中で赤ちゃんが産まれたらと思うと不安を覚えていましたがその不安は的中しました・・・

案の定赤ん坊が産まれてからも当たり前の様に騒音は続きましたが、ここで下手をうってしまいました。と言うのも、うちも赤ちゃんが泣くのでと思ってご挨拶に行きましたが気にしないでくださいねと言われてしまい余計にこちらから音についてお願いする事も出来ない状況になってしまったんです。

赤ちゃんが昼寝をしていてもピアノの音で起こされて夜中にやっと寝たと思いこちらも寝ようとすると騒音が響いてきて赤ちゃんが泣くの繰り返しでこちらも寝不足のせいか正常な精神ではなくイライラが溜まるようになっていました。

ついにはチャイム攻撃も受けるようになり心が折れました

子供たちが仲良くなって土日には朝からこちらが寝ているのにピンポーンと来るのです、出ないとドアをどんどん叩きます。ここでついに我慢の限界で家を売ることにしました。

人気の分譲地帯だったのですぐに買い手はつくと思いましたが、いきなり最初からつまづいてしまったんです。

それは、売りに出そうと相談した町の不動産屋には理由を聞かれてしまったからです!すごく悩みましたが、嘘はダメだろうと思って正直に答えました。次の方も知っておいた方が良いと思ったからです。

ヘタするとこれで売れなくなるかな・・・と夫婦で不安げな表情をして顔を見合わせたのをはっきり覚えてます。

拍子抜けするほどあっさりと売れてその理由にも納得しちゃいました

売却にとってマイナスになることを正直に話をしたので、それが原因で値段が下がろうとも仕方ないと思いましたが結果的にその心配は不要でした。(もし値下がりすることになっていたら主人はきっとお隣さんに怒鳴り込んでいたんじゃないかと思います。)

売りにだして、レインズに登録されてから2週間ほどすぐに買い手が付きました!ただし、レインズは関係なくて業者さんが以前から抱えていた顧客リストにのっていた人に連絡をまわしたらすぐに気に入ってくれたと言ってました。

音を気にしない人もいるもんですね

立地を気に入ってくれていた購入者さんだったんですが、不動産屋さんが「音がうるさい」という理由をちゃんと説明してからも「音が気にならないから大丈夫」という事で即決してくれたそうです。

後から分かった話ですが、購入してくれた若いご夫婦2人は聴覚障害をお持ちの方のようで日頃から電話や玄関チャイムなどはほとんど聞こえないために、ランプの点滅で分かるような生活スタイルなんだそうです。

これなら絶対に気になりませんから安心です。

売却額がぎりぎりローン残高を超えてくれたのでローンは一括返済できました

購入金額は4500万でしたが、売却金額は3500万円で売れたことで住宅ローンの残り3100万円を完済することができました。まだ殆ど新築状態でしたしとにかく人気の土地でしたから良い値段で売れたんだと思います。

不動産屋さんが言うには、「土地の値段はいつまでも減らないけど、建物の価値は1年ごとにぐんぐん下がるから早期売却したのは正解」とのことでした。

詳しく聞くと、木造住宅の場合には築20年も経てば家には価値がなくなるらしいですね。いくら見た目が綺麗で立派でもほぼ0円になるらしいです・・・隣がうるさくなったのが10年以上も先だったらと思うとゾッとします。

次に買った家は同じ学区内なので学校の手続きもほとんど不要でした

ちなみに、私達家族は同じ学区内でマンション(小学生を転校させないために)を買う事になったのでまたローンを組むことになりましたが、車のローン以外は何もなかったのでもう一度ローンを組むことができました。

以前の家を買った時に比べると金利が随分と安くなっていたのでかなりお得な内容で組むことができました。売却のためにバタバタしたことで夫婦の結束も強くなった気がして、なんだか結果的に良かったとさえ思ってます♪

(関連記事)→ 家を情報非公開で売りたい

(人気記事)→ ローン途中で家を売る方法