家を売る人にオススメのコラム

あなたの家を買いたい人がいます!ってチラシは信用できる?

あなたの家を買いたいというチラシ

「あなたの家を買いたい人がいます」というチラシが入ったことはありませんか?

最近そんなチラシが入ることが増えてますが、なんだか怪しいですよね・・・

こういう内容のチラシです。

  • あなたの家を買いたい人がいます
  • あなたのマンションを買いたい人がいます
  • この近くで売っていただける家をさがしています

そんなにタイミングの良い甘い話はありません

もしあなたが住んでいる家を買いたいというチラシや話が来たら、それは別に本当にあなたの家を欲しい人がいるという意味じゃありませんのでお気をつけください。

実はこれ、少しでも安く家を買おうとしている業者の手口のケースが多いですよ。(※全部と言い切ったら問題があるかもしれないのであえて「全部」とは言いません。)

こんなふうにあちこちに膨大な数のチラシをばら撒いておけば、そのうち何件かは「家を売りたんですが・・・」と電話をしてくる人がいるそうです。例えチラシにかかる費用に数十万円がかかっても、それで利益が数百万円でも出れば大儲けですよね。それを狙っているんです。

チラシを入れてくる業者が儲ける仕組み

売りたいという連絡をしてくる人の中には、他の不動産屋さんの出してくれる価格と比較をする人もいますが、そんな人はまだまだ少なくて、最初に声をかけた業者の1社だけで売却依頼先を決める人もいるんです。そうなれば、依頼してもらえた業者の好きなように商売ができるのでボロ儲けになります。

  • 売買の仲介手数料
  • 転売をして儲ける

この両方で儲けることができるんです。

最初に手数料で儲ける

好きな売値をつけられるようなら安い金額で自分の知り合いの業者に売却をしてしまい、ひとまずそこで手数料収入を儲けます。この手数料とは売値の3%とそれに6万円を加えたものになります。(2000万円が売値なら66万円です。)

次に転売で儲ける

安く仕入れた家を次は相場並の価格で転売をすることで差額分を大きく儲けることができるんです。

もちろん、チラシを入れてくる業者の全てがこうだとは言いませんが、私の知る限りでは多くの業者がこの手法を使っているようです。チラシを入れてくる業者の中にはどこよりも高く買取りや売却をしてくれる業者もいるので、それを見抜くことさえできれば最高の売却ができるわけです♪

ちゃんとした業者かどうか見抜くためには

見抜く方法はたった一つで、とにかく数多くの不動産屋や買取業者に声をかけてみることです。そうすれば複数業者が出してくれる売値の見積りがもらえるのでそれを見比べることができ、一発でどこに売却を頼めばいいかが分かります。

(人気記事)→ 家の最高値も分かる無料査定サービスを使ってみました

複数社分の査定額が分かっていれば、もし仮に「あなたの家を売ってください」とか「あなたの家を買いたい人がいます」という怪しげなチラシを入れてきた業者の言うことが本当に現実味がある売値か、それとも客引きのためだけにばら撒いたチラシかは一目瞭然で見抜くことがでますよ。

こんな場合は声をかけるべきじゃありません

集まった見積りと比べてあまりにも安い場合や異常に高値の場合には頼むべきじゃないんです!安い場合は迷うことなく断ると思いますが、あまりにも高値の場合にはつい声を掛けたくなると思います。でもそんな不自然な金額のところは私の過去の経験上からも避けておいた方が無難だと思います。

最初は高い売値の見積りを出しておいて、そのうち何かに理由をつけて売値を下げさせたり、高額なリフォームを勧めてくるケースも聞いたことがあるのでそういう可能性があるところは避けた方が安心です。

不動産のような大きな金額の売買に甘い話は無いと思ってください

不動産のような高額な売買に、都合の良い話なんてまずありえません。くれぐれも、「家を売ってほしい」「あなたの家を買いたい人がいる」「この近くで売り家を探しています」なんて都合の良い話がある時はご注意下さいね。