家を売る人にオススメのコラム

家の買取業者と不動産屋さんの違いとは

(人気記事)→ 家の最高値も分かる無料査定サービスを使ってみました
家の買取業者と不動産屋の違い

家を買取業者はいろいろありますが、買取業者を利用すればいいのか?それとも一般的なそのへんの不動産屋さんを利用すればいいのか?ご存知ですか?

実は、その判断ひとつで100万円以上は簡単に損得が違ってくるんです。

これが不動産の買取業者を利用する基準

不動産の買取業者を選ぶ際の基準は「急いでいるかどうか」です。1日でも早く売り現金が必要な方には買取業者がぴったりなんです。(しかも買取業者だと手数料を払う必要がないのも魅力的です。)

なお、買取業者は購入する際に、一般の人のようにいちいち銀行でローンを使うための審査なんて必要がありません。事業資金を利用して即買い・即払いをしてくれます。

不動産屋さんを利用するとローン審査で待たされることも

これが一般の不動産屋さんを利用した場合だと、ローン審査をする際に2週間ほど待たされたあげくに審査に落ちてしまい、「すいません、購入できなくなりました」なんて断られるリスクがあるんです。

この時、腕のよい営業マンなら次の購入希望者をあらかじめ探しておいて関係を繋いでおくものなんですが、ほとんどの営業マンは購入希望者が1人現れた時点ですぐに他の購入者を探すこともキープすることもしません。

今の御時世、住宅ローンの審査も厳しくなってきているので、ローンが通るかどうか確認するまでは家が売れるかどうかはまるで検討がつかないんです。

急いでお金がいるなら「買取業者」これが鉄則です。

ただし、少しでも高く売りたいなら不動産屋さんを利用して、間取りや立地を気に入ってくれるお客さんに対して売るのが最適です。

欲しがってくれる相手に直接売るほうが夢ももっているために多少高嶺の売値でも気持ち良く買ってくれることが多いんです。

買取価格を選ばずに不動産屋さんを利用する人の理由

不動産屋さんを利用すれば、とにかく数多くの人に売り情報を伝えることができます。

それはその業者のHPだったりSNSだったり、もしくは不動産屋さんが利用している登録サイトのレイズンズだったりと様々です。

数多くの不動産屋に声をかけて売値の見積りをもらってみると、高いところと安いところでは100万円以上もつけてくれる売値が異なることもあります。なので高く売りたい時は不動産屋さんが無難なんです。

ちなみに、見積りで高値をつけるところはそれなりに自信があるから高値をつけるわけですし、そうでない業者は安さを武器にしないと売る自信がないという意味にもなります。

絶対に後悔をしない早く高く売るための方法

売った後に絶対に後悔をしないための「高く早く売る方法」は、買取業者と不動産屋さんの両方に声をかけてみることです。そうすれば、思わぬところに潜んでいる高値で今すぐ買ってくれる相手と出会える確立が最高に高くなるからです。

不動産屋さんの中には偶然にもあなたの家をすぐに欲しがってくれるお客さんを抱えている事もありますし、買取業者よりも遥かに高い値段で買ってくれそうなお客さんを抱えている可能性がああります。

また買取業者の中にも、すぐに転売できそうな相手を抱えている場合には買取価格を多少無理してでも手にいれようとしてくれることもあります。

ただ、どんな人でもそれぞれに声をかけて売値や買取価格を教えてもらい、それを比較してみないとどこが高値なのかもまるで分かりません。

一昔前ならそれぞれに声をかける必要があって面倒でしたが、今は見積りサービスを使うことで簡単に両方まとめて声をかけてメールで見積りをもらうこともできるんです。