家を売る人にオススメのコラム

家を売るには手数料がどれくらいかかる?

(人気記事)→ 家の最高値も分かる無料査定サービスを使ってみました
家を売る手数料は?

家や土地やマンションのいずれを売った時でも不動産屋さんに支払う売却手数料は全て同じ計算(売却額の3%、あとはそれに6万円を足したも。)で出ます!

 

仮に、2000万円が売値だと払う手数料は

2000万円×0.03=60万円

60万円+6万円=66万円になります。

※正確には、この66万円に消費税が加わった金額となり、712,800円となります。

売値の3%+6万円 これが不動産業者が依頼主から受け取れる上限額です

上記で説明しました3%+6万円で出る手数料は、一応は「不動産業者が受け取れる上限額」というル-ルに基いているため、不動産屋さん次第ではこれよりも安くする事は可能です。

ただし・・・、「上限額=売却手数料」というのが当たり前となっているため、ほぼ全ての業者は手数料が同じはずです。でも、これ以上に手数料を要求されることはないのでどこに依頼しても手数料に限っては損得がないので安心です。

もし仮に、これとは別に「宣伝広告費や看板代」を求められる場合には私ならそこは利用しません!複数の県で家やマンションを売ってもらったことのある私でも聞いたことがありませんし、周囲の不動産の売却経験が多い人達からもそんな話は聞いたことがありません。

うっかりそんなところに依頼してしまうと、後々のトラブルに繋がりかねませんよ。

手数料が安いところがあったけど大丈夫?

ごく希に、手数料を安くしているところがありますが、家の売却をいくつも行ってる私や、私の大家業仲間で全国にいる友人達も誰もそういった安さをアピールしているところは利用したことがありません。その理由は、「腕が良い業者なら手数料を値下げする必要がない」って事を知っているからです。

ちなみに、腕が悪い営業マンに引っかかると2000万円で売れるはずの物件が1700万円まで値下げしてもまだまだ売れない・・・なんて事はよくあることです。反対に、腕が良い営業マンに依頼すれば2000万円が相場とされる物件を2200万円で売ってくれることだってありえます!

そもそも、不動産屋さんというのはわりと簡単に開業ができるため、気軽に新規開業する人も多くて今やコンビニの数ほど不動産屋さんが乱立しています。そんな乱立しているなかで本当に売却の腕が良いところはかなり数が限られているんです。

腕の良い不動産屋はたった2割

皆さんは「8:2の法則」をご存知でしょうか?これは何にでも当てはまる法則で、不動産に当てはめた場合には、あなたの街の不動産売買の売上の8割は、たった2割の数の不動産屋さんで成り立っているという事になります。

それだけ売却を成立させている力のある不動産屋さんの数は少ないんです。

不動産とは違う例をあげますと

  • 企業の売上の8割は優秀な2割の数の営業マンがつくっている
  • 店の売上の8割はたった2割の人気商品がつくっている

こんなイメージです。

なので、家を少しでも高く、そしてスムーズに早く売るかということを考えたら、腕の良い「2割」に該当する不動産屋をちゃんと選ぶことが絶対条件になってきます!

不動産屋さんへの手数料以外にかかる手数料はなにがあるの?

まず安心していただきたいのは、売却のための仲介手数料ほど大きなものはないってことです。

ちなみに、他に必要なものとしては「印紙税」があり、更に(ローンなどの都合で)抵当権が付いてる状態なら抵当権抹消登記費用もかかります。

★印紙税の目安は売値により異なります

100万から500万まで 2千円

500万から1000万  1万円

1000万から5000万 1万5千円

5000万から1億円  4万5千円

★抵当権抹消の費用

通常は不動産屋さんが司法書士さんを手配してくれ、売買契約の際に直接に現金で支払をすることが多く、金額は3万円~5万円ほどになります。もちろん抵当権がついていない家や土地やマンションを売る場合には1円もかかりません。

あと、忘れがちなものに売却後の税金があります。

場合によっては非課税となるケースもあるので事前に把握されておくことをオススメします。