家を売る人にオススメのコラム

家を売る際にライバルの売家の値段はまめに確認しないと大損します

(人気記事)→ 家の最高値も分かる無料査定サービスを使ってみました
家を売る際にライバルの売家の値段はまめに確認
家を売る際にライバル物件の売値をまめに確認している人はきっと少ないと思います。普通は不動産屋さんに売却を依頼した後には自分は何もしないというパターンのはずです!

でも、そんな不動産屋任せなことをしているとライバル物件ばかりが先に売れてしまい、あなたの家がいつまで経っても売れずに残ってしまう恐れがあるんです。いつまでも売れ残るということは、最終的にはかなりの値下げをして売りさばかないといけなくなるって意味です。

あなたの物件の売値が正しいか確認する方法

確認をする方法は昔ながらの方法と今どきのラクな方法の2つがあります。

まず、昔ながらの方法ですと、住宅情報誌や不動産屋さんのホームページなどを見て、近い住所の売り家から間取りや築年数などが類似しているものを見て今の売値が納得できるものか、それとも世間相場とズレているかを確認する方法になります。

もう1つは今どきの方法で、ネットの見積りサービスを利用して複数社に査定をしてもらう方法になります。もちろん、高く早く売れやすくなる方法なのでこれを使わない手はないと思います。

ライバル物件の売値はあなたの売値に合せて調整してきます

ただし!それだけだと本当に正しい売値かどうかまでは確認できません。ライバル物件の売値が世間の相場とズレている可能性もあるからです・・・そこで、ネットで簡単に複数社分から家の売値についての見積りがもらえる査定サービスを利用すれば正しい売値をすぐに把握することができます。

また、査定サービスならどこよりも高値で売ってくれる業社とその価格も分かるので一石二鳥なんです。

すでにどこかの不動産屋さんに売却依頼をしてても調べるべき!

すでにどこかの不動産屋さんに売却依頼をしている場合には、そこがつけている売値が安いか高いかもわかりますが、見積り査定サービスでもらった売値の方が高い場合には、現在のところを断って最高値をつけてくれた業社に依頼をした方が良いと思います。

断りを入れる場合には、「身内に不動産屋の営業マンがいて、そこに頼まないといけなくなりました」なんて理由でも当たり障りがなくていいんじゃないでしょうか。

あなたの物件の売値は常にライバルに見られているかも

あなたが売ろうとしている家のライバルに該当する物件の家主などは必ずと言って良いほどあなたの物件の価格を把握しています。住宅情報誌を見たり、不動産屋さんに出てる情報をチェックしている人は多いからです。

そして、あなたの家が2000万円で売出している場合には、ライバルは1850万円などに値下げをしてより魅力的に感じさせて先に売り抜けようとするんです。もちろん、ライバル物件というくらいですから築年数や立地や間取りなどを総合してあなたの売り家と条件が似ているという物件になります。当然、誰もが安い方が良いですよね?

あなたの売り家と他人の売り家との価格のバランスを注意して見ておかないと、どのライバル物件もあなたの家より100万円ほど低い売値を付けて先にどんどん売れているなんてことにも成りかねません。

不動産屋さんは案外ライバル物件は気にしてません

普通に考えるとそんなライバルの売値チェックなどは売却依頼をしている不動産屋さんがしていると思いますよね。でも、不動産屋さんはあなた以外の大勢の人からも売却の依頼を受けているので、そこまで細かくチェックなんてできないのが実状です。

なので、売り主さんが自分でライバル物件とのバランスをチェックしておかないといけないんです。

もし売値を見比べた結果、あなたの家の値段の魅力が少ないようでしたら、すぐにあなたもライバル物件の売値に合わせるかそれよりも少し低い売値を付けるかしないと、いつまでも世間から無視されっぱなしの不人気物件となってしまいますよ。