売却理由別

想定外の妊娠で家のローンを払える自信がない

予定外に妊娠

人生には思いもよらないタイミングでの妊娠ということもあると思いますが、そんな想定外の妊娠がきっかけで家のローン返済ができなくなった場合には家を売ることも選択肢に入れておくべきかもしれません。

ひとまず家を手放して返済の重荷から解放されなければお子さんを育てることに支障が出てきてしまうからです。

家は後からでも買い直せますし、今の時代は一度も家を買わずに賃貸マンションで生活をされる方も一般的ですから、むしろ今時らしいライフスタイルとも言えそうです。

ローン返済途中の家を売るためには?

ローン途中の家を売るなら不動産屋さんに声をかけて売却をしてもらう方法と、不動産の買取業者に依頼して買い取ってもらう方法があります。

(人気記事)→ 家の売値も分かる無料査定サービスを使ってみました

少しでも高く売るには不動産屋さんを利用する売り方で、少しでも早く売るには買取業者を利用する方法になります。でも、それ以前の問題として、ローン途中の家を売るには大きな問題があり、それは「ローンは一括返済できないと売ることができない」ってことなんです。

貯金を増やせない生活だと何かあったら終わりです

今はぎりぎりローンが払えていても、これからはお子さんが増えた分だけ生活費も多くかかりますし、なにせ貯金を増やすことが難しくなります。年金などの問題からもこれからは少しでも貯金を残しておかないと老後の生活どころか、お子さんが成長する途中で家計がパンクしてしまいます。

実際に、多くのサラリーマン家庭で、家のローンに車のローン、それにお子さんの教育費で綱渡りのような生活をしていケースが多く、そこに医療費や親の介護などが加われば破綻するケースが社会問題化しています。

そんなことにならないためにも、これからの世の中は持ち家よりも賃貸マンションや賃貸戸建を利用して少しでもお金の支出を抑えることが重要になります。すでにそうしたライフスタイルが一般化してきています。今の時代、「持ち家でないと恥ずかしい」なんて発想は古すぎです。

できれば家を売らずに住み続けたい

できるだけ家を売らずに住み続けるためには、現在利用している住宅ローン会社に「返済が厳しいんです」と一声かけてみる手があります。

また、金利を低く調整してもらえる可能性もありますし、舞月の返済額を少なくしてもらえるという手もあります。相談をしてみるのはタダですから、ひとまず諦めずに声をかけてみてください。

もしローンが払えなくなったら?

住宅ローンが払えなくなったら、後はあれこれ金策をしているあいだに時間切れとなりあっという間に差押さえになります。

もし差押さえになれば、家を普通に不動産屋で打ってもらう値段にくらべてたった3割程度で売却処分をされてしまう可能性も高いです!(自分で売値は決められません)大損どころか、多額の借金が残ることになるので大変です・・・。

自分で不動産屋さんに売却してもらうのなら、好きな売値をつけることができますし、相場の値段で売ってもらうことは十分に可能です。あとは時間との戦いになるので1日でも早く売却依頼することがカギとなってきます。