売却理由別

知り合いに家や土地を相場かそれ以上の金額で売るコツ


知り合いに家や土地を相場かそれ以上の価格で売るにはちょっとしたコツがあります。

コツを利用すれば、もしも購入相手が「知り合い価格(安値)で売ってもらえるように頼んでみよう!」と思っていても、上手にかわす事ができるので絶対にオススメなんです♪

知り合い価格で安売りするのを防げるコツ

通常、知り合いに家や土地を売ってあげる場合には、どうしても相場よりも安く売ってあげることになりがちです!でも、売り主さんの皆がそんなことを望んでいるワケじゃありませんよね。

本心としては、できるだけ高値で売りたというのが普通だと思います。それを実現してくれるのが複数の不動産業者や買取業者から集める見積りになります。

「それなら近所の不動産屋でもらえる」と思っていたらそれはちょっと違います

なぜなら、世間一般の売値がついた見積りをもらい、それを購入希望者に見せたところで、それから少し値引きをしてあげたら結局は相場よりも安く売ってあげることになるからです。

それを防ぐために有効なのが、どこよりも高い売値の見積りになるんです!

どうして高い見積りが手に入るの?

ネットの一括見積りサービスを利用すれば、大手から地元の有力業者など複数社を相手に「家の売値」についての見積りが簡単にもらえます。

有力な不動産業者を相手に家の見積りをもらえるということは、ちょうどあなたの家を欲しがってくれる買い手を抱えた業者と出会える確立が高まります!

私がいつも利用するのはこちらです査定サービスを利用した時の記事です

複数社の見積りを見比べることで正しい相場も分かります!

もしその売値が知り合いに売ろうとしていた価格よりも遥かに大きい場合には、最高値をつけてくれた不動産屋か買取業者さんに頼んで高値で売却するのもいいですし、最高値の見積りを知り合いに見せて、そこから少しだけ値引きをしてあげても相場よりは高く売れると思います。

こんなふうに、こちらが指定する売値にそれなりの根拠さえあれば、売値が高くても購入希望をしている知り合いも納得してもらえますし、もし「そんな高値で買えない」となっても、お互いにわだかまりなく話を水に流すことができます。

苦労して集めた(と思ってもらえる)見積り結果に値引を求める人はそうはいません!

どんな人であっても、普通はなにか特別な事情でもない限り、あなたが見せた見積り価格から膨大な値引きを求めてくる人なんていないはずです。もしいたとしたらそんな人には絶対に売るべきじゃありません。後のトラブルのもとです。

もし仮に1500万円という見積りを見せたとして、それに2割も安い1200万なんて価格で売って欲しいなんて人がいたら、そんな人に売ればきっと後々にも修繕費を求められたりとトラブルの原因になるのは火を見るよりも明らかです。

知り合いや身内とはいえ値引は「せいぜい1割」にとどめておくべきです

いくら知り合いや身内だからと言っても、売却をした後は何があるか分かりません。なので突発的に修繕費用を求められたり、なにかこちらの不備で相手に迷惑をかけた時に、すぐに費用を払ったり追加の値引きをして対処ができるようにせいぜい1割程度の値引にしておくのが無難です。

もし1割までの値引きで円満に売れないのなら、何か理由をつけて売る相手を変えた方が得策です。

ちなみに、大まかな売値でよければ家を見せることなく、メールで見積りをもらうことができるので業者と直接会ってやりとりをするような手間もかかりませんよ。

知り合いに売るにしても不動産屋は通すのが無難

不動産屋さんを通して売却をすれば、どうしても手数料がかかります。ただし!不動産屋という資産の売却には登記の移転が発生したり、売却後の不具合などのトラブルもつきものですから、普通は「売買契約」を交わします。

そうしておかないと、あなただけでなく購入する人にとってもお互いにどんな不利益が起こるか分からないのでとっても危険なんです。

ちなみに、自分で司法書士さんに登記移転などを頼む人もいますが、不動産のプロではないですし、トラブルについての取り決めなどはしてくれないので避けた方が無難です。

不動産屋を頼っても手続きだけの依頼なら手数料は安くなります

通常だと、不動産の売買手数料は売値の3%の金額とそこに更に6万円を足した金額になります。(これは上限額の計算方法で、これより安くてもOKとなっています。)※最後に消費税をかければ正確な手数料額となります、

なお、売値が1000万円なら不動産屋への手数料は合計で388,800円(税込)です。

ただし、これは不動産屋さんに買い手を見つけてもらうことが前提になっているので、すでに知り合いに売ることが決まっている場合には、5〜10万円程度の謝礼でも大丈夫なはずです。

そもそも、買い手と売りてが既に揃っている場合には、不動産屋さんが汗を流す仕事はほとんど何もないので喜んで引き受けてくれますよ。

知り合いに家を売ってあげる際には、このように見積りサービスと不動産屋さんの両方を利用してできるだけ高値で売却しつつ、相手にも満足をしてもらってください。