家を売る人にオススメのコラム

退職金でローン完済できない場合は家を売るのとリバースモーゲージのどっちがお得?

(人気記事)→ 家の最高値も分かる無料査定サービスを使ってみました
家を売るか?リバースモーゲージか?

退職金が思ったほど出なかった場合、住宅ローンの返済を終えることができずに不安を抱えたままのリタイア生活になります!それほど心細いことはありませんよね。

そこで、多くの方が悩まれるのが、いっそのこと家を売ってしまい賃貸生活に切り替えるか、それとも今はやりのリバースモーゲージを利用してそのまま家に住み続けるかだと思います。

まずリバースモーゲージについてメリットとデメリットを簡単に解説してみますね。(貯金を切り崩してローン返済をされる方にも今後の参考にしていただけると思います。)

リバースモーゲージとは?

これは銀行などが扱っている新しいタイプの金融商品になります。家を担保に差し出してお金を借りる代わりに、生きている間は少ない利息だけの返済をすればそのまま住み続けることが許され、しかも、一定の範囲内でお金も貸してもらえるというものです。

元金の返済は最後にまとめて行います。将来その家を銀行側が転売するなどして処分を行い、そこから借りていたお金の返済に充当される仕組みになります。

つまり、生きている間は家のローンの心配をしなくてよくなり、しかもお金も借りれて返済に追われることもない素晴らしいものになります。

まさにコレがメリットで、反対にデメリットはどんなものか?まとみてみました!

リバースモーゲージのデメリット

  • 利息が高い
  • 土地値の下落により担保割れする事も
  • 名義人本人が住んでいることが条件
  • 限度額が決まってる
  • 普通に売却した方がお得
  • 利用できる年齢や立地が限られている
  • 条件・審査が厳しい

利息について

利息は変動金利なので急激な変化で利息の支払が増えてお金に余裕がなくなる事もあります。

冷静に考えてみると、いつまで家に住み続けられてしまうわかもわからず、家を処分しないと貸したお金の回収もできないような面倒なことを商売としているんですから、単にお金を貸すことに比べたら利息を高くしないと割りに合いませんよね。

土地値の下落による影響

家土地を担保にしている以上、価値が大幅下落してしまうと担保割れをする事もあります。

もし担保割れをしたら一括返済を求められます。でも、一括返済がスムーズにできるくらいならそもそもリバースモーゲージは利用していませんよね・・・。

名義人が住んでることが条件ということについて

もしその名義人が家族の考えよりも早く亡くなった場合には大変です、家を処分されます。同居している家族はすぐに他に移る必要が出てきますし、その時に処分される金額は決してお得な金額にはならないと思います。(市場価格より安い)

貸付限度額が決まっている

本来、このリバースモーゲージは生活費に充てることも目的とされていますが、そういう使い道の場合、限度額は生命線となります。限度額がある=長生きすることがリスク!という事にもなるので特に女性の場合には寿命が男性よりも長い分だけ心配もつきまといます。

普通に売却した方がお得

リバースモーゲージの場合には一般の購入者が相手ではないので相場を無視して高く売れる可能性も十分にありえます。ところが、これを利用した場合には厳しい金額査定をされるため高値で売れることはまずありません。

利用できる立地が都市部などに限定されている

主に3大都市圏にお住まいでそこにある家土地が対象となります。

条件・審査が厳しい

利用時年齢満65歳以上の単身者または配偶者のみと同居の方が対象となりますが、家土地の価値は最初に厳しく審査をされます。しかも、配偶者同居のケースは夫婦ともに65歳以上でないとダメです。

さらに、審査はシビアに行われ将来に処分をすることを念頭に見積りされるため、条件に合わないと判断されればあっさり断られます。

売却をして賃貸物件で生活をする方がお金は残ります

リバースモーゲージはあくまで銀行などが扱う商品に過ぎないため、その銀行の運営が危うくなればどんな事が起きるかも想像がつきません。それに、利息が高いので決してお得とは言えません。

それなら、今すぐに家土地を売却してしまったほうが、確実に大きなお金が手元に残りますし、賃貸で生活をすれば将来の処分の心配や毎月の返済の心配からも開放されます。

リバースモーゲージ設定後に家の周囲が不便になることも

これは私の知り合いのケースですが、リバースモーゲージを契約した後に、家の近くにあった病院とスーパーが閉鎖されてしまい、気軽に買い物にいけない不便な立地となった話があります。

こんな時、賃貸マンションなどで生活をしていれば気軽に引っ越しができますが、リバースモーゲージを利用している場合には、引っ越しすることができません。

今後、少子高齢化の影響で生活を取り巻く環境はめまぐるしく変わるはずです!震災でも施設入所でも、銀行口座にまとまったお金があり、なおかつ住まいが賃貸であればどこへでも自由に移ることができるので最強だと思ってます。

がんじがらめの人生にならないためにも

今の家土地を売ればいくらになるか?これを知ることからスタートし、その売れる値段とリバースモーゲージを使ったがんじがらめの生活とを比べてみてから決めても遅くはないと思いますよ。

それに、家を売る人の多くが利用している「一括見積りサービス」を使えば、家を見せなくても大まかな査定額も分かりますよ。(利用レビューです)→ 家の最高値も分かる無料査定サービスを使ってみました