都道府県別 家の売り方

高知県で家を売る人が知っておくべきこと

高知県で家を売りたいと思ったら、絶対に知っておかないといけないことがあります。

 

それは、売ろうとしている家が高知県内のどの街にあっても、”あなたの家の売却に最適な不動産屋さん”を利用しないと、まともな値段では売れないどころか、何年経っても売れ残るかもしれないということです。

 

特に、高知の場合は少子化や若者の県外流出が激しく、給与面でも四国の中で最も厳しい県なので、中古の家とは言えスムーズな売却が難しくなっています。

 

でも大丈夫です。

あなたの高知の家の立地や間取りや日当たりなど、条件を気に入ってくれるお客さんさえ見つかれば、相場額やそれ以上の値段ですぐに売れることも十分ありえます。

高知のあなたの家を気に入ってくれるお客さんが簡単に見つかる方法

あなたの家を気に入ってくれるお客さんを見つけるには、複数業者から査定をもらい、最高値の業者に売却依頼すればいいだけです。

→ ネットの一括査定なら家を最高値で売ってくれる業者名と値段がすぐ分かります

 

高く売る自信と根拠があるから最高値の査定を出せるんです。

 

ちなみに、ネットの一括査定なら、事前に厳しくチェックされた優良な不動産業者だけが査定の対象として登録されているので安心です。それに、全国を対象としているので、思わぬ他県の不動産屋さんが高く売ってくれる可能性もありますよ。

 

今までは、あなたの家の売却に最適な不動産屋さんを見つけるには、いちいち1社づつ不動産屋さんを訪問し、店ごとに同じような説明をして査定をもらい、その中で最高値の業者を選んで売却依頼をする必要がありました。

 

でも、自分で何社も不動産屋さんをまわるのは非常に面倒で疲れます。それに、自分の勘を頼りに選んで訪問すると、場合によってはしつこい営業マンにひっかかり「うちだけに任せてください」など、強引に迫られる可能性だってあります。

 

でも、一括査定サービスを利用すれば、家を見せることなく大まかな査定額がわかり、家を見せるのは最終的に最高値をくれた1社にだけ見せればいいので、すごく楽なんです。楽して高く売れるのなら使わない理由がありませんよね。

 

ちなみに、家にマッチして不動産屋さんに売却依頼ができれば、例えば鏡川周辺などの津波浸水のリスクが高い場所や、海抜が低くて地元だと不人気な立地にある家でも、相場りも高く売れる可能性が十分あるんですよ。

高知で家を売るのに最適な不動産屋さんはとは?

まず、大原則として、あなたの家の間取りや立地、価格帯にピッタリ合ったお客さんを持っている不動産屋さんということになります。

不動産屋さんによっては、県中部は得意だけど、それ以外は不得意。でも、もしかしたら売れるかもしれないから依頼されたら断らないという業者もいます。

 

大抵の不動産屋さんは、苦手な物件でも他社に持っていかれるのはもったいないので依頼を引き受けてしまうものなんです。

 

でも、他県から高知県下の売り住宅を探しているお客さんを多く持っている不動産屋さんのように、本当に最適な業者なら、高知のあなたの家を気に入ってくれるお客さんを即日で紹介できる可能性が大きく、場合によっては高知での相場を無視した高い値段で売却できる可能性もあります。

 

そんな不動産屋さんは、CMや看板や雑誌広告などはお金をかけずに、人脈や独自のネットワークを頼りに着実に売っているケースも多いんです。なので、日頃は高知で聞きなれない不動産屋さんが以外に良いお客さんを持っているケースもあります。

南海地震なんて来ない!と思ってる人も多いんです

テレビなどでやたらと「そろそろ南海地震が来る」と騒がれていても、人によっては「生きてるうちには来ないよ」と思ってる人も沢山います。

 

人の考えは様々で、例えば、関東などでは津波が来た海岸沿いに未だにサーファーなどが家を購入して賑わっている場所も沢山あるくらいです。なので、家を売って終わるまでは「高知=そろそろ南海地震が来る」というイメージは捨ててしまったほうが得策です。

 

本当に来るかどうかもわからないものを、売り主のあなたが怯えていたのでは、売れるはずの家も売れませんよ・・・。

高知で近所の不動産屋さん1社にだけ相談する怖さ

高知にも腕の良い不動産屋さんはたくさんありますが、あなたの家を高く売ってくれる不動産屋さんは、どこにいるかは査定をもらって見比べてみないと分かりません。

 

間違っても、売ろうとしている家と不動産屋さんの距離で決めたり、地元でそこそこ大きいからなどと、イメージで選ぶことは危険です。

私や他の大家仲間の経験上、売り物件と遠く離れた場所にある不動産屋さんが、あっさりと売却を決めてくれるケースもわりと多いんですよ。