家を売る人にオススメのコラム

不動産屋選びは大きな店と小さな店のどっちが良い?

(人気記事)→ 家の最高値も分かる無料査定サービスを使ってみました

不動産屋さんを選ぶ際に、同じエリアに大きな不動産屋と小さな不動産屋がある時にはどっちが良いか迷われる方も多いと思います。

実は、高値売却や迅速な売却で成功するために必須なのは両方への声かけです!

その理由は不動産屋さんが抱えている顧客とあなたが売りたい物件がマッチしているかどうかは声をかけてみないと分からないからで、意外と小さな所が良いお客さんを抱えてることもあるんです。

ただし!ただ単に声をかけても本気では相手をしてくれません

不動産屋に声をかけ、自分の家がいくらの売値になるか見積りを出してもらい、その中の最高値の不動産業者こそが「あなたが売却依頼をすべき相手」だと言うことになります。ただし、単に「家を売りたんですが」と声をかけてもほとんどの不動産屋さんは本気では相手をしてくれません。

不動産屋は”見積りだけの利用”で声をかけらえることを嫌います

どこの不動産屋さんでも、見積りを出させるだけで終わるお客を嫌います。よほどヒマなところなら喜んで引き受けてくれるかもしれませんが、まともなところならそんな無駄手間な事はしたくないからです。

正直な営業マンなら「うちに売却依頼をしてくれるなら正確な見積りを出させていただきます」と本音の部分を教えてくれるかもしれませんが、そうでない場合には、「うちには不得意な物件なので他所の方がいいですよ」なんて遠回しに断られることもあります。

いい加減な売値を付けて見積りを出してくる営業マンもいます

どちらにせよ、そんなふうに本音部分を分かるようにしてくれればまだマシですが、適当な売値を付けて見積りを出してくる営業マンに当たってしまうと大事です。本当なら2500万円で売れるはずの家なのに1800万円なんてわざと安い売値の見積りを出すケースもあるからです。

この場合、「どうせうちには頼んでこないんだろう」とか「面倒だから断るくらい安い売値をつけておこう」という考えがあるからです。もし最初に、「売却はおたくに任せます」と言っておけばキッチリと2500万円の見積りを出してくれて売るために本気で動いてくれたかもしれません。

でも、どんなつもりかも分からない不動産屋に対して、いきなり売却依頼をするのもリスクが大き過ぎます。

誰でも簡単に見積り集めができる方法があります

それはネットの見積りサービスを利用する方法です。それなら見積りを集めて比較をしたい人に向けて用意されている無料サービスなので、喜んで見積り出してくれます。

しかも、いちいち不動産屋さんと会わなくてもメールで見積りは届きますし、必要なことはPCやスマホなどから必要な情報を入力すればいいだけなので何のストレスもないんです。

見積サービスの机上査定なら業者に会わずに業者選びができる

今時はどこの見積りサービスも「机上査定」という簡単な方法が選べるんですが、これだと家を見せなくても大まかな売値の見積りがもらえます。

(人気記事)→ 家の最高値も分かる無料査定サービスを使ってみました

もちろん登録されている業者は大手から地元の地域密着型のところまで幅広く、全国1200社以上もの業者が登録されているものもあるため高値で売ってくれる業者を逃すことがないんです。

ちなみに、どこの業者があなたの物件を最高値で売ってくれるか?それを選ぶには机上査定で十分です。いちいち業者選びの時点で何社も家に来られてもめんどうですし、机上査定でも最高値で売ってくれる自信がある業者は見積り額を見れば簡単に分かるからです。

机上査定で最高値の売値をつけてくれるということは、家を見せて正式な売値をつけてもらう際にも最高値になることが多いからなんです。もうこれで、大きい不動産屋とか小さな不動産屋とかで依頼先で迷うことは無くなりますよ。

(関連記事)

→ 不動産屋選びの際に免許の更新回数の多さで選ぶと大損するかも

→ 家を売るのに失敗しない不動産屋の選び方