家を売る人にオススメのコラム

古い家は解体して更地にする方が売れやすい?  

古い家を売る場合
古い家と土地がセットになっている場合、その家を売るには解体して更地化してから「売土地」にすべきか?それともそのまま古い家を残したままで売るか?迷いますよね。

売れやすいのは更地の状態

私の過去に売却してもらった経験からすると、売れやすいのはダントツで「更地」にして売る方法です。

取り壊しの参考までに・・・解体費用と撤去費用は、木造の2階建ての家で概ね150万円くらいとなり、隣近所に家が密集している場合にはもっと割高になります。

でも、家が高く売れる見込みがあれば、解体費用を払う負担も減るし早く売れやすくなるので良いことづくめですよね。

そこで役立つのがネットの査定サービスで、最高値で売ってくれる業者名とその価格が簡単に分かります。

(無料査定のレビュー記事)→ 家を売るためにネットの無料査定を使ってみました

 

更地にするには多額の解体・撤去のお金がかかります。それに、解体業社によっては費用がまるで違うので、複数の業社に現地を見てもらい沢山の見積りを比べてみないと解体撤去費用だけでも何十万円も大損するリスクがあります。

割高になる主な理由は

  • 解体する家のそばまでトラックが入れない
  • 重機が入れず人の手で解体しないといけない

また、木造以外の鉄筋コンクリートの家や軽量鉄骨の家の場合には解体費用が割高になる以外にも、処分費用も多くかかるので高くなります。

仮に木造の家でトラックや重機が家の敷地に入れ、しかも隣近所が離れていて空き地や畑で囲まれているような場合には150万円で収まるものも、コンクリート製の家で隣近所とほとんど離れていないような環境ですと2倍の300万円もかかることもあります。

解体にいくら大きなお金をつぎ込んでも売れる値段がその分だけ上がるわけじゃありません、できることなら解体をせずにそのままスムーズに売れてくれる方が良いですよね?実はそんな方法が一つだけあるんです。

古い家を残したままでもスムーズに家土地を売れる方法

古い家が使える状態でもそうでなくても、家を残したままで売る唯一の方法は、「そんな状態でも良いから欲しがってくれる人」と出会うことです。もしかすると、その購入相手は自分で安く家を建てられる建築会社かもしれませんし、安く修繕ができるリフォーム会社かもしれません。

はたまた、その立地が気に入っていて逃したくないという一般の方かもしれません。もしそういった人を探すことなくその辺の不動産屋さんに売却を依頼しようと思っていたら大変ですよ。

古い家付きで購入してくれる人を探すには

とにかくあちこちの不動産屋さんに声をかけて、どこかにそんな人がいないか調べる他ありません。

→ 家の最高値も分かる無料査定サービスなら家にいるままで複数の不動産屋から査定がもらえます

 

実は私、不動産投資をしている都合上、頻繁に中古の家を売ったり買ったりするんですが、そのおかげで、古い家付きの土地でも20〜30店舗もの不動産屋さんを訪問すればすぐに買ってくれるお客さんと出会える確立が高くなることを知っています。

以前ならこの方法をオススメしていたんですが、幸いにも今はそんな面倒なことをしなくても、ネットの一括見積りサービスさえ利用すれば簡単に買い手が見つかるようになっているんです。(本来なら自分の足で20店舗も30店舗も不動産屋さんを巡る必要がありましたが、それだとかなり効率が悪いんですよね・・・)

例えば、不動産屋さんの中には土地を売るのが得意なとこもあれば、土地と家がセットでないと上手に売れないところもあるんです。さらに面倒なのは、表向きは「売買も任せてください!」って感じのところでも、実際には売買なんてここ数年は仕事をこなしたことがないところも多いんです。

(それだけ売買契約を制約させるのは難しいんです。)

不動産屋が無理してでも売却依頼を受けたがる理由

売買契約をまとめた時に得られる報酬はアパートやマンションの賃貸契約をまとめるよりも桁が一つ大きくて、2000万円が売値の物件なら66万円(不動産業界のルールで決められている上限)も手に入るんです。

だからわざわざ「当社は売却が苦手ですがいいですか?」なんて言ってくれる律儀な業社はまず存在しないんです。気合を入れて自分で数多くの業社を訪問すればするほど、そういったところに飛び込む可能性も高まるので、しっかりと見極めて避ける目も求められるようになります。

とは言え、普通は誰もそんな目を持っていませんし同業でさえも見極めることは困難な業界です。だからこそ、ネットの見積りサービスが重宝されているんです。大手企業が運営をしているのでその資本力を武器に、登録する業社を売買で期待に応えられる業社だけに厳選しているんです。

近頃は複数の見積りサービスがあるんですが、登録業社の数の多いところを優先すればまず間違いありませんよ♪