家を売る人にオススメのコラム

家を売る時に売却理由を聞かれたらどうすべき?

(人気記事)→ 家の最高値も分かる無料査定サービスを使ってみました

家を売る時には「人には言いたくない理由」もあります、でも次にその家を買おうとしている人は「なぜ売るのか?」は気になるものです。

 

特に、その家が魅力的だったり相場よりも少し安いような価格をつけられている場合には余計に気になるものなんです。

 

実際に私も過去に購入してきた中古の家やマンションはその売却の理由は毎回質問してきました。

理由はちゃんと言わないとダメなの?

言わないといけないのは「事故物件」などの場合です。この場合、仲介をする不動産屋に告知義務があり、これに違反をしたら告知義務違反として不動産業界のルールでNGとされているんです。

 

事故物件とは「自殺や他殺」など殺人事件に関わるものとなります。それ以外のものは例え家の隣近所で事件があっても告知義務には含まれません。

 

※ただし!騒音などのように、次の購入者が生活をするうえで障害になるようなものも告知する義務があります。

告知義務の対象外もあります

また、単なる病気やケガが原因で亡くなった場合など自然死の場合にも告知義務の対象外となります。

 

これらは一戸建ての家の場合で、マンションの場合によくある屋上からの自殺や、他の部屋で起きた自殺や事件などは告知義務には含まれません。

 

でもいくら対象外だったとしても、購入した後にクレームをつけられてしまえば最悪です。

 

ですから、本当は告知義務の対象外だったとしてもなるべくマイナスの要因がある場合にはちゃんと正直に伝えておいたほうが良いと思います。

告知義務で無いからあえて言わずにいたら

実際に私の周囲では、隣近所の事故歴が原因で大きなトラブルが起きています。それは、お隣さんで自殺による事故が起きために家を手放した方が、次に購入した方に訴えられているケースです。

 

私の知り合いは告げる義務がないことを知っていましたし、仲介した不動産屋さんも告知義務がないことは確認をしていました。

 

ところが、次に購入された方はその家を改装して飲食店を開こうとしていたようで、当然、そんな家の隣に飲食店をオープンしたら集客への影響は避けられません。

 

ちなみにその購入者さんは「店舗」にすることは購入の際には話に出していなかったそうで、なおさら不動産屋さんも説明をしなかったそうなんです。

 

契約後に近所に挨拶に行ったところ「そんなところで大丈夫?」と心配された方からの話で事故物件の隣という事実を知ってしまったとか。

 

それから「解約したい」という購入者と「別に契約違反じゃないので」という売り主側との考え方の違いでトラブルが続いているそうです。

 

せっかく売却ができても、後からこんなことになるようでは何の意味もありませんし、無駄なエネルギーを使うだけです。

告知義務の対象外のものなら馬鹿正直に言わなくてもOKです

告知義務の対象外とは、事故や事件、生活をするうえで障壁となる騒音などです。これ以外の売却の理由は例えばプライベートな売却理由になります。

 

例えば、離婚や親の介護、転勤や借金返済などまとまったお金が必要ないろんなケースがあると思います。

 

そんな理由はできることなら言いたくないですよね?それに、次の購入者が結婚を理由に家を買おうとしてくれている場合、あなたの売却理由が「離婚」なら購入意欲が薄れかねません。

言う義務のない理由なら当たり障りない理由を言っておくのがオススメ

また、楽しい老後生活のために家を買おうとしている人に「介護のために家を売ろうとしている」なんて理由も、なんだか気が滅入ってしまいますよね。

 

そんなふうに、言わなくてもいい理由ならあえて馬鹿正直に言う必要はありません!次に購入した人がその理由を事前に知っていたからと言って特に不利益もありませんからね。

 

ですので、離婚を理由とした売却の場合でも「子供が増えたから手狭になった」とか「子供が手を離れたから広すぎて」なんて理由で売却をしても大丈夫なんです。

正直に話をすれば理解をしてくれる人も意外といます

今の時代、事故物件でさえもあえて購入してくれる人は沢山います。ましてあなたが売ろうとしている物件が事故物件ではない場合には、大抵のトラブルは他の人にとってはトラブルでないことも多いんです。

 

なので、もし売却の原因を聞かれても、それが後のトラブルに繋がりそうな場合には正直に伝えておくことをオススメします。

例え良くない売却理由でも高く売れる可能性は十分あります

どんなに売却理由が良くないものでも、なかにはそれを気にしない人もいます。例えば、学校の近くでウルサイという理由でも、学校の先生や子供好きな人からすればむしろそれは魅力に感じたりします。

 

また、コンビニの近くでウルサイ場合でも、コンビニを毎日利用する人からすれば「便利」と感じるだけかもしれません。自分でマイナスと思い込んで安い値段で売ってしまうことだけはしないでくださいね。

 

ちなみに、適正な値段をつけるためには沢山の不動産屋さんに声をかけていろんなところから見積りをもらって見比べてみてください。そうすれば、あなたが想定していた売値が実は単なる勘違いということもすぐに分かりますよ♪

 

高値売却をあなたが諦めたら終わりです。「絶対に良い値段で売るぞ」って気持ちを無くさないでくださいね。

(人気記事)→ 家の最高値も分かる無料査定サービスを使ってみました