売却理由別

固定資産税が払えないなら差し押さえ前に家を売るべき

固定資産税払えない

ボーナスカットや減給、失業、相続した家の固定資産税で困り払えないと、差し押さえされて大損させられます。

そんな大損をするよりも、差し押さえ前に自らの意思で家を売れば普通の値段で売れるので損をせず、むしろ手元に多くの現金を残せる可能性まであります。

 

急ぎで家を売る際に注意すべきこと

急ぎで家を売る際に注意しないといけないのは、あなたの家や土地に最適な業者を選ばないと、何百万円や何千万円も安く売られ、差し押さえのように大損させられるということです。

 

そんな業者選びに欠かせないのが高値で売ってくれる業者が見つかりやすい無料査定なんです 

→ 匿名で利用できる査定なので近所の人にも内緒で利用できます

 

今の時代には持ち家なんて流行りません

私はファイナンシャルプランナーでもあるんですが、いつも「固定資産税を払えそうにない」という方には今すぐに家を売却されることをおすすめしています。

今の時代は購入後にまで沢山の出費がかかる持ち家なんて流行らないからです。

 

賃貸物件で生活をした方が将来に学資ローンや医療費などで何かお金が必要になった時にも預貯金にお金が残っているので安心です。

 

賃貸なら家賃以外にお金がかかりませんが、持ち家なら固定資産税の出費以外にも修繕費や外壁塗装などの費用もかかってくるので相当な出費になります。

 

また、あまり知られていませんが、賃貸物件に引越する場合には年齢が高くなっているとそれを理由に審査に通らずに住む家を借りられなくなるリスクもあります。だから持ち家を売却して賃貸物件に引越をするなら少しでも若い方が有利になるんです。

 

もし固定資産税を払わずに滞納をしたら

1回目の督促状→2回目の督促状→不動産以外の預貯金まで調査をされる→ 不動産の差押さえ→競売で激安処分される

このような流れになります。

 

ちなみに、競売で家を売っても支払いに不足が生じる場合には、預貯金や保険や給与なども差押さえになります。

 

保険は解約されることになりますし、給与の差押さえになれば勤務先にも事態を知られてしまうので相当マズイことになります。

 

給与の差し押さえは銀行と会社に連絡が入ります

会社にバレてから慌てて支払いをしたとしても、普通の会社ならそんなお金の支払いにルーズな社員は恐ろしくて置いて置けません。

 

いくら本人がうっかりしてましたなんてウソを付いても、普通の人は「どうせギャンブルとかで借金作ったんだろう」と思うからです。

 

そんなお金にルーズな社員が次にやることと言えば、誰しも次に予想するのは勤務先のお金の使い込みです!勤務先をクビになってしまう前に何とかして差押さえにならずに済む手を打たないといけません。

 

ネットで探偵のような会社を探してそこに依頼すれば、前の会社の人達に聞き込みをして調べるなんて簡単な事らしいですよ。

 

※なお、クビになった理由も簡単にバレます。ハローワークなどでは分からなくても、今の時代は企業は民間の情報機関を利用してなんとでも調べる方法があるからです。

 

固定資産税を滞納をした後の具体的な流れ

まず最初に督促状が届きます。まだ最初なのでこの時点ではうっかり忘れている人も多いですから「◯月◯日までにお支払い下さい」といった内容のものになります。

それでも払わずに(払えずに)いたら・・・もう一度だけ督促状が届きます。(大抵の場合です)

 

問題はここからで、これが最終通告に等しいものになるためこの最後のチャンスを見逃してしまうといよいよあなたの家土地を差押さえしようとする準備が始まります。

 

多くの場合、2度目の督促状の後に、おそらくは自宅に市区町村の職員が来ます。差押さえという最悪のケースにならなくて済むように説得をしに来るようです。

 

ここで適当な言い訳をして逃れたり、門前払いをしてしまうと最後のチャンスを捨てることになるので絶対にそんな事はしないでください。

 

もし、どうしても払うお金がない場合には、支払いを先延ばしにしてもらえるようにお願いをしてみたり、競売にかかる前に自分で不動産屋さんに頼んで少しでも高く売ってその売却額で支払いをするつもりだとか、とにかくウソはつかずに誠意を見せることが大切です。

 

職員も鬼ではありませんから、ちゃんと前向きな話をしようとする人にはそれなりに柔軟な対応をしてくれる事も多いんです。

 

(関連記事)

→ お金が必要だから家を売るという事が購入相手にバレたら大損します

→ 不動産屋選びは大きな店と小さな店のどっちが良い?

→ あなたの家を買いたい人がいます!ってチラシは信用できる?

→ 家を売る時の仏壇や神棚の処分や移動はどうしたらいい?

 

競売だけは絶対に避けてください

競売にかかってしまうと大損する確立が高くなります。一回あたりの支払いを減らしてもらえるなら何とかなるかも!という場合には「分納」という手もあります。

分納とは?

分納を選ぶと支払い期間を原則として1年を限度として伸ばしてもらえ、この期間で終わりそうにない場合は、特別にもう1年だけ延長できます。

 

これを適用してもらうには口だけでなく、支払いの面でも先に誠意を見せる必要があり、今現在で支払いができるあなたの限界の金額(預貯金など)をすべて税金の納付に充てる必要があります。

 

いざ分納が開始されれば、毎月の生活費は残してもらえるのでコツコツと無理なく払うことはできるはずです。くれぐれも競売にかかることだけは避けてくださいね。