売却理由別

家の売却を3ヶ月以内に

家の売却を3ヶ月以内に

家の売却を3ヶ月以内に終えるためには手段が限られてきます。例えば、普通の不動産屋さんを利用せずに、不動産の買取専門店に声をかけるのも有効な手段です。

私も家をすぐに換金したい場合には買取専門店を利用しています。※不動産投資をしていて、良い物件が見つかった場合などには急いでその物件を購入するために換金を優先する必要がでてくるんです。

普通に不動産屋さんを利用しただけでは運任せに近いものがあります

もしも、ごく普通に不動産屋さんを利用した場合には、よほど運がよければすぐに購入してくれる人と出会える可能性もありますが、膨大な数の不動産屋さんを巡る必要があります。おそらく50店舗くらい巡っても手応えは無いかもしれませんが・・・

そういった意味でも「買取専門店」はほぼ間違いなく購入してもらえるのでてっとり早さにおいてはピカイチです!

不動産の買取専門店を利用するメリットとデメリット

買取専門店を利用するメリット

買取専門店を利用するメリットとしては売却までがとにかく早いということです。早ければ10日ほどで支払いまでが全て完了することもありえます。しかも、買取の決断が早いだけでなく振り込みまでも早いのでお金を工面することを急いでいる方にはこれ以上のメリットはありません。

ちなみに、これが普通に不動産屋さんを利用して売却する場合だと、購入者さんはほとんどの場合が一般の人になるので、購入時にはローンの利用をされることになります。

そのローンの審査に7日から14日ほどかかり、しかも審査に落ちる人も結構いるのでやっかいなんです。もし購入してもらえなくなれば一から買い手を探すことになり、それだと3ヶ月などという短期間での売却はまず不可能になってきます。

買取専門店を利用するデメリット

次に、買取専門店を利用するデメリットですが、買取費用が安くなりやすいという点です。そんなに安くなりやすい理由としましては、購入相手が一般の人ではなくて、買取専門店というプロ業者という相手になるからです。

何と言っても安く購入するプロですから、言葉匠に理由をつけて安く買い叩かれる恐れもあります。徹底的に買い叩く理由は安く仕入れた後に転売をして儲けようとしているからです。

これが仮に一般の人が購入者であれば、新生活などを想像してワクワクしながら買ってくれるので多少高値をつけておいても買ってくれる人もいますが、買取り業者の場合には利益がいくら出せるかをシビアに考えているために、大抵の場合には相場の売値よりも安い金額で買うことが多いんです。

買取業者相手に損をせずに売るには?

購入手続き完了までが早い買取業者に売る際に、少しでも高値で売却するための唯一の方法があります。

それは、あらかじめ不動産屋などでいくらの売値がつくかを調べておき、「相場額以下になるなら売りません!」と強気な態度をとることです。

買取業者相手に絶対に見せてはいけないものがあります

それは「お金が急ぎで必要」という姿勢で、売り急いでいることが相手にバレてしまうとオシマイです。ただでさえ相場よりも安く買取しがちな買取専門店がさらに安く買おうとしてくるからです。

買取業者の値段が相場並かどうか分かっていれば最強です

もし、買取業者がつけてくれた金額が2000万円だとして、他の不動産屋さんがつける売値も大抵が2000万円という場合には買取業者に売るのがベストです。

また、場合によっては買取業者の方が少し高く購入してくれることだって無いとは言い切れません。でも、売り主のあなた自信が家の正しい相場額を知っていないとなにも判断ができませんよね?

家の正しい売値相場を知る方法

それは、複数の不動産屋さんから家の売値についての見積りをもらう方法です。これでもらえた見積り額の平均を出せば相場が分かります。ただし、不動産屋さんをいくら訪問しても、そこに売却依頼すると約束しない限りはまともな計算をして正しい見積りを出してもらうのは難しいです。

でも大丈夫です。ネットの一括見積りサービスを利用すれば、たった一度の入力をするだけで登録されている優良な不動産屋さんや買取業者さんなど膨大な数の中から最大で6社分などの見積りをメールでもらうことができます。

(人気記事)→ 家の売値も分かる無料査定サービスを使ってみました

申し込みはネットから簡単にできて、大まかな売値でもOKなら家を実際に見せることもないまま値段を出してもらえるんです。

見積りサービスを使って高値で3ヶ月以内に売るには

見積りサービスを利用して、買取業者の価格と不動産屋さんを利用した場合の最高値の両方を知っておくことです。そして、まずは買取業者より高値で売れやすい不動産屋さんに売却依頼をして2ヶ月ほど頑張ってもらいます。

この期間にたまたま高値でも欲しがってくれるお客さんを紹介してもえれば、最も得しやすい売り方になります。もちろん3ヶ月以内です!

それでも売れそうにない場合には

次に、それでも売れそうにない場合には、3ヶ月経つ前に見積りをもらっていた買取業者に声をかけて買ってもうらのがベストです!これなら3ヶ月以内に売りたいという希望は満たされます♪

それに、相場額とくらべてどの程度の差があるかも事前にわかっているので、買取業者に対して「あと◯◯◯万円上げてくれるなら御社に売ります」という駆け引きも有利も行うことができるんです。

どちらにしても、3ヶ月以内に家を売るには、見積りサービスを利用せずに売るのはかなり危険ですのでご注意下さい。